転職の目的をはっきりさせる

 転職をする時にどんな目的で行うのか、どうなりたいのかはっきりさせます。転職の目的は人それぞれで、自分の意志で転職を決めたり、会社が倒産するなど辞めざるをえない状況となったりする場合があります。仕方なく転職をすることになっても、きちんと目的を新たに持って望むことが大切です。

 

自己分析をする

 転職の目的を明確にしたら、自己分析をしておきます。自分の長所はどんなことか、短所はどんなことでどのような取り組みをしているか、仕事に対する適性など、客観的に自分を見つめなおします。自己分析がきちんとできていれば、面接の対応にも役立ちます。短所についてはどのような改善をしようとしているのか、長所についてはアピールを効果的に行う手段となるので、仕事に活かせられるように考えます。

 

アピールの方法

 転職がうまくいくかどうかは、アピールが効果的にできるかどうかが重要になります。転職の目的がはっきりしており、目的達成のためにどのような企業を選んで、どのように自分を表現できるか考えます。自己分析で自分の良い面を表現すれば良いのですが、より具体的な表現とするためには、過去の実績や経験を数値化することが大事です。

 

 売り上げを伸ばした時、改善をした時など、どの程度の効果があったのか数値化すると説得力があります。関わった難しい仕事では、具体例をあげてどのように取り組んだか、どのような成果を得たか表現すると良いです。

 

 

参考はこちら
http://xn--50e-x83bt42nxmajdw63r.net/
50代の仕事探し情報|転職・再就職ガイド

更新履歴