何年ぶりかの面接。緊張しない人なんていないと思います。なので、事前に面接で聞かれる質問を少しでも多く知っておくことで、緊張をほぐして面接に挑みたいものです。そんな人の為に、良く聞かれる質問をいくつか紹介したいと思います。

 

職歴、経歴について

 今まで行ってきた仕事の実績や内容について聞かれることが多いです。実績も大切ですが、その際の工夫展や苦労話など、成功させたプロセスも重要になってきます。なので、その辺りも踏まえて説明する事ができるようにしておくことが大切です。
また、反対に失敗談も聞かれることも。その場合は、失敗をしたことで、どのような事に気付き、そして、次の仕事へどのように活かす事ができたのかが重要です。なので、その事を重点的に話す事ができるようにしておくと良いでしょう。

 

転職理由について

 これは、だれでも聞かれることを頭に入れて面接に臨んでいると思います。そこで、一番NGなのが今の会社の愚痴を言う事です。これは、絶対に言ってはいけません。転職理由として望ましいのは、自分がこの先行いたい事に関して、今の会社では難しいという事を伝える事が大切です。自分が、今何を考え何をしたいと思っているのかを、面接官に伝える事が大切なのです。

 

最後に良く聞かれる「何かありますか?」について

 面接の最後に良く聞かれる「何かありますか?」に対して、答えに困る人もいると思います。「特にありません」と答えがちですが、出来る事なら、会社についていろいろと質問してください。その事で面接官に熱意を伝える事もできると思います。